一括資料請求の賢い使い方

自動車保険を一括見積もり請求しよう

自動車保険の事が理解できたら実際に自分はどこの保険を利用すればよいのか、いよいよ検討する必要が出てきます。毎月支払う保険料を見直す事で大きな節約につながるかもしれません。

自動車保険は保険料はもちろんのこと、ロードサービス、オプション、割引制度など各社によって異なります。どこの保険が一番得なのか?どれが一番安心できるのか?をしっかり比較して検討したいものです。

比較するためには保険商品を知らなければなりませんが、各自動車保険会社にわざわざ資料請求してパンフレットを個別に送ってもらう必要は有りません。一括で見積もり、資料請求できる便利なサイトが無料で使えるので是非、活用してみてください。

自動車保険比較は一括資料請求が便利

自動車保険の比較は他社の保険内容を知らなければ当然できません。テレビCMなどでよく耳にする「まずは資料請求」を最初にしなければなりません。つまり各保険会社のパンフレット、資料を請求する作業が求められます

自動車保険比較最前線のトップページに掲載している保険会社だけでも20社を超えます。これだけの保険会社に1社ずつ資料請求をするだけでもかなりの労力を要します。このサイトを閲覧していると言うことはネット環境はあるとおもいますのでネットでの資料請求が好ましいと思いますが、それでも各社公式ホームページを開き、必要な情報を記載して資料を取り寄せるのです。その作業を考えただけでも自動車保険を比較するのをやめようかな?と億劫になると思います

そこで朗報!それを一括サービスとして無料で行っているサイトもあるのです。1回必要な情報を記載するだけで対応している保険会社のパンフレット、資料が届くのですから自動車保険を比較する際はぜひ利用してもらいたいサービスです。自動車保険の比較で大事なことは保険商品を比較することです。

比較する為に必要な書類を集めることが重要な訳ではありません。いかに効率よく作業するか!その一環で利用できる一括資料請求は非常に便利で効率的です。そんな有難いサービスを無料で提供しているのですから利用しない手はありません。ぜひ、活用してみてください。サイトによっては簡易的に見積もりもできるのでかなり便利です。

インターネットで資料請求&申込

自動車保険をインターネットで無料で一括資料請求・見積もりをして、自動車保険の補償内容、保険料、サービスなどをじっくり検討、比較してより良い自動車保険を選んだら、そのままインターネットで申込をしましょう!インターネットで申込をするだけで保険料の割引が適用される保険商品が各社から続々と登場しています。オンライン申込は自動車保険の窓口の一つですが、申込方法の違いだけで保険料が割引されるのなら、インターネットを自動車保険でも活用するほうがお得です。

当然このインターネット割引は年齢制限特約や運転者限定割引のような補償内容の制限はありません。ただ、単にお得な割引方法なのです。中にはインターネット専用自動車保険を扱っている保険会社もあり、コールセンターなどをはじめ膨大な人件費や、場所代、設備代を削減したり代理店への仲介手数料が無い分、保険料が安く私たち利用者に還元されている商品も存在します。

もちろん資料を各社にそれぞれ資料請求する必要のない一括資料請求サイトも無料で利用でき、安いだけでなく便利です。便利で自動車保険の保険料を安くする方法の一つがインターネットなのです。

一括資料請求の賢い使い方

自動車保険、損害保険会社はたくさんあります。この一つ一つの保険の資料を一社づつ申し込んでいたのでは時間がかかってしまいます。ですから一括資料請求のサイトは一回入力するだけで複数社の資料を請求できるので大変便利で利用価値が高いと思います。

しかし、一括資料請求のデメリットを上げるとしたらその後の最適な自動車保険選びが結構大変だという点です。本当に賢い自動車保険を選びたいのなら資料が来たら100、200以上の細かい条件などを一覧にして検討する作業が求められます。補償額はもちろん支払い条件、適応される条件、適応されない条件など細かい項目もきちんと比較するところまでいき、それで各社に保険料を算出してもらわなければなりません。その上で再度、細かい条件まで確認して保険料と見合わせて比較しなければなりません

それが出来上がるのには1日や2日では難しいのではないでしょうか?しかし、今加入してる自動車保険があるのならその条件とどちらが良いのかのみを2社づつ検討していく作業を淡々と進めていけばおのずと良い自動車保険というものを探すことができるはずです。一括で資料請求しても一括で比較する必要までは求めてはいないのです。少なくとも今の保険とどちらが良いのかぐらいはそんなに時間をかけなくても判断出来るのではないでしょうか?

一度に届いた資料を開封したところでどの書類がどの保険会社のものなのか、パンフレットの山に埋もれてしまうだけで比較が一向に進まなかった事を思い出します。あくまで管理人の個人的な比較の仕方なのですが1社対1社のトーナメント方式で比較していけばより良い保険、少なくとも今の保険よりも良い保険を探し出すことができると思います。補償内容、補償条件、サービス内容すべてを確認しなければならないのですからじっくり比較することも考えなければなりません。

一括見積もりサイトの賢い使い方

自動車保険はできるだけたくさんの情報を集めて比較して選ぶに越したことがありません。ですから一括見積もりサイトというのはネット上やメールですぐにたくさんの保険会社の条件、保険料がすぐにわかるという非常な便利なものなので是非利用してもらいたいと思っておりますが、それで万全と言う訳には残念ながらなりません。まったく同じ条件で比較しきれている訳ではないからです。同じ補償内容でも同じ補償範囲だとは限らないと言うことです。同じ補償額でも適用されるものと適用されないものが細かく違うからです。

となれば正確な保険料が算出されたとしてもまったく同じ条件の自動車保険を対象にしているということにはなりません。この点を理解して利用するのなら一括見積もりサイトの利用価値はかなり高いのですが、完璧だと思って利用すれば実は細かい条件が違っていたということになります。ある程度の保険料の算出をした後は、支払条件をしっかりと確認して適用外の項目を隅々まで読んで完璧となります。しかし、一括見積もりサイトを利用せずに一から自動車保険をたくさんの会社から選ぶのは非常に面倒で難しい作業となります。

かなり便利なサイトですが正しい使い方をしなければ単純に保険料の安いサイトを探すだけの無駄なサイトになりかねません。一括見積もりサイトの欠点を理解してこその賢い自動車保険選びができると思います。

通販型自動車保険について

自動車保険は安ければよいと言うものではない事をあらかじめ申し上げておきます。保険なのですから万が一の時に役に立たなければ意味がありません。それを前おきとして知って頂いて通販型自動車保険の選択をしてほしいと思います。通販型は代理店を通さないので本来あるはずの代理店手数料がカットされています。その分、保険料を安く抑える仕組みになっており、保険料の面では既存の保険会社に比べ格安で加入することができます。

しかしながら、その他の分野でもコストを削減している可能性があり、それは万が一の時に私たちにデメリットになる可能性もあるのです。全国に営業マンを置く必要がないダイレクト保険、もしかしたら事故処理対応の担当者すら近くに配置していないかもしれません。これがダイレクト保険(通販型自動車保険)のリスクです。

逆に既存の保険会社に加入しているのなら多く保険料を支払っていることになります。つまり代理店料も支払っているのですからその代理店から密に連絡がこなければ、多く支払っている分役立っているかが疑問となりま。更新時だけ連絡してくることも少なくないのでせっかく近くにいる代理店との付き合いがなければ手数料を支払っている価値があるのかを再確認しておきたい所です。

通販型自動車保険にもメリット・デメリットがあり、既存の自動車保険にも同様に言えますのでよく考えて選ばなくてはなりません。安いからにはそれなりのデメリットがあることを知っておきましょう。

自動車保険の解約・変更は簡単?

自動車保険の見直しを行いたい人はたくさんいると思います。しかし、「自動車保険を変更する手続きが難しい」と思ってそのままにしている人や「変更すると損をするのではないか?」と不安に思っている人も少なくないと思います。しかし、事故をする前にしっかりと比較して変更しておくべきというのが正しい見解です。事故を起こしてからは今、加入している自動車保険以外に頼ることが当然、出来ません。事故を起こしてから「この保険会社で契約したのは間違いだった」と後悔しても遅いのです。

自動車保険の等級の引き継ぎや、更新時期さえ確認すれば簡単に変更することができます。と言うよりも上記の事だけは絶対に確認しておかなければならない項目です。新たに加入する保険会社の担当者にしっかり確認しておきましょう。そうすれば自動車保険を比較して見直し、新たにより良い自動車保険に加入し直すことは難しい事ではありません。加入する前に丁寧な説明を受ければ誰でもわかるはずです。分からなければその自動車保険の選択を疑うべきなのかもしれません。

対応が悪い、態度が悪い、保険料が無駄に高い自動車保険に加入しているのなら今すぐにでも見直した方が良いのです。何も今の自動車保険のみに固執する必要はまったくありません。比較して検討した上で今の保険が良いのなら変更する必要もありませんし、とりあえず自動車保険を見直す行為が重要だと思います。

自動車保険の満期について

自動車保険にも満期があります。とはいえ、完全に払い終わって今後、支払う必要がなくなるという意味ではありません。自動車に乗り続けるのなら、自動車保険は払い続ける必要があるのです。ただし、自動車保険の契約は通常1年づつ契約するので毎年、満期を迎えることになります。そしてその時期こそが自動車保険の見直しや比較して変更する絶好のチャンスでもあるのです。

他社の保険に乗り換えなくても、自分自身の状況が変われば保険料が安くなるかも知れません。年齢は毎年上がっているので26歳になったら、30歳になったら運転者年齢制限によって保険料を安くできたり、乗る人が限られるようになれば家族限定、本人限定などにしても保険料を割引することができます。

もちろん、他社の保険に魅力があれば資料請求をして見積もりをだし比較して検討してもお得になる可能性だって十分にあり得ます。少なくとも毎年数万円を支払っている自動車保険は結構な買い物でもあります。最低1年に一回はしっかりと自動車保険を見直してみる必要性は十分にあると思います。まずは各社の最新のパンフレット・資料を下記サイトで無料で一括請求できるので利用すると便利です。


最大20社から一括見積りが簡単に出来る「インズウェブ」の自動車保険比較