自動車保険を見直そう

自動車保険を見直そう

管理人は自動車保険の見直しを強くオススメしています。それは自分自身が自動車保険を見直したおかげで手厚い保険で今までよりも安い保険に乗換えが出来たからです。必要以上の保険料支払いはムダ以外の何者でもありません。自動車保険を見直すだけでかなりの節約になるのです。それもほんの少しの時間で・・・・。「面倒くさい」と思われがちですが本当に簡単ですぐに見積もりを出すことが出来るのです。

一括資料請求できるサイトもあります。無料なので是非、活用してもらいたいと思います。多くの人たちが見積もりをしてよかったと思われています。それだけムダに支払っていた人が多いということです。あなたももし見直しをしたことが無いというのでしたら、大きく保険料を削減できる可能性が非常に高いです。明日と言わずに今すぐ見直すことをオススメします。資料請求、比較するだけなら無料です。活用しないわけにはいきません。手厚い補償の安い保険を一緒に探していきましょう!!そして浮いたお金で何をするかを考えましょう!!!!

自動車保険に関心を持つことが大事

自動車保険に関心を持つことが保険料削減への一歩です。保険会社のオススメプランを疑いも無く加入していませんか?それは更新時になぜか保険料がUPしているケースもあります。生命保険とは違い、事故が無ければ自動車保険というのは年々、保険料が下がるのが通常です。なぜ、このようなことになるのかそれは自動車保険に関心がないからです。

保険会社も利益を追求する企業です。オススメプランは保険会社にも旨味があるプランなのです。満期後のオススメプランが当初、つけなかった特約が加えられたり保障額が無制限に変えられていたりすることもあります。あくまで勝手に上げられているわけではありません。更新時にオススメプランとしてハガキで知らせているのです。内容を検討しないで更新した場合にこのようなことが起こってしまう可能性があるのです。

日頃、自動車保険に関心が無い場合、満期時に送られてくるハガキに軽く目を通すだけで更新していませんか?しっかりと今現在の保険料・保障内容を理解して、更新時にオススメプランとして提案してくる内容を比較しておく必要があるのです。今現在加入している自動車保険の保険料、保険内容を知っておき、更新時に保険会社の言うがままのお勧めプランに加入しないようにしましょう

自動車保険を比較するようになったのは97年から

自動車保険は生命保険に比べて保険専門用語も少なく、簡単に思いがちですが、意外にも結構奥が深く、しっかりと見比べる必要があります。1997年7月にスタートした「自動車保険の自由化」により、今まではどこの保険会社を選ぼうと全く(一部を除く)と言ってよいほど変わりませんでしたが、保険料、サービスなどが異なるようになりました。この自由化は私達には大変、有難いもので、各社競ってサービスをするため向上しますし保険料も割安になることも少なくありません。

ただし、私達がきっちりと比較・見積もりをした場合です。同じ自動車保険のサービスを受けているにも関わらず、保険料が隣の人とは違うという理不尽なことは当然あります。貴方が得をする(損をしない)ためにはしっかりと比較することが求められてきます。車を持っている以上、任意保険とは言え、無くてはならない自動車保険を賢く比較するためにはより多くの自動車保険商品を知り、比較して最良の保険を選ぶ必要があります。

自動車保険はあなたが比較するしかない

自動車保険であなたにアドバイスすることは出来てもオススメの保険会社を紹介することは出来ません。私がどこかの保険会社に属していた場合は特定の所属する保険会社を進めていたと思いますが一般人です。自動車保険というのは事故のリスク、保険金を支払うリスクによって保険料が変わります

私よりも安全な人は保険料は安くなりますし、事故の危険性が高ければ当然保険料は高くなります。私と全てが同じなら同じ保険会社を推薦することは出来ますが、全く同じと言うことはほぼ無いぐらい細かく基準が設けられています

年齢、走行距離、様々な特約などなどその基準は挙げればキリがありません。貴方に最良の自動車保険はあなたが判断するしかないのです。もちろん貴方が必要な保障は私と違うかも知れません。貴方のケースで保険会社や保険商品を比較して選ぶしかないのです。幸い、たくさんの保険会社の資料を無料で一括請求することができるサイトがありますので活用してみると簡単に最良の自動車保険を探すことができます

TVCMには惑わされるな

自動車保険のテレビCMはよく目にしますが、TVCMを基準に保険会社を決めることだけはしないほうが良いです。さすが大金を掛けているだけあって、魅力的なCMになっています。しかし、実際に加入してみたらTVCMのような料金にはならなかったという人も大勢います。別に全国ネットで保険会社がうそをついている訳ではありません。保険の一例を挙げているに過ぎません。保険というのは自由化に伴い様々なリスクによって保険料は違います。

テレビCMはその良い部分のみをピックアップして放映しているのです。だから貴方が実際に加入しようとした場合、貴方が思っているほど安くならなかったということが起こっても当然です。下記掲載の一括資料請求は無料なので試してみればわかりますが特約や割引制度など細かな基準が儲けられていて、ほぼ同じライフスタイルの人でもその基準が違い保険料に差がでてきます

僅か15秒のCMで全てのケースを紹介することは当然不可能です。そのなかから魅力的な一例を取り上げて紹介しているに過ぎないのです。より良い自動車保険を選ぶ基準はCMの完成度ではありません。手厚い保障と安い保険料、サービスなどから判断しなくてはなりません。

車を購入するときは自動車保険も視野に

もしあなたが新車、中古に関わらず、車の購入を考えている場合は自動車保険のことも忘れずに検討しましょう!!車を購入する際、車本体の価格の支払いの他に重量税や車検。また、燃料費や消耗品費まで様々な必要経費が掛ることになります。任意保険に加入しないことはほぼ無いと思いますので自動車保険も当然忘れずに頭に入れておきたい項目です。

各自動車保険会社も様々な値引きサービスを提供しています。これらの多数ある値引きサービスを最大限活用できる車なのかどうかも視野に入れると保険料を安くさせることができます。エアーバック割引、ABS割引など車を購入するときにしか変更が利かない割引サービスもあるのでしっかりチェックしておきたい所です。車全体にかかる諸経費のなかでも決して少なくない割合だと思われる自動車保険を少しでも安くするためにも自動車保険比較は車を購入する際に頭に入れておきたい項目です。

自動車保険料を安くするのは無事故

自動車保険はそれを使用する、しないによって保険料は大きく変わってきます。交通事故にあわないのが一番保険料が安くなる方法です。無理難題に思えますがこれが一番大事なのです。日頃の運転を気をつけることにより保険料も安くなることは忘れてはいけません。極論を言えば車に乗らなく保険に加入しないのが最大限安くする方法ですから・・・。

無事故、優良ドライバーの基準を表す等級がありますが全部で20(22)等級に分けられます。数字が大きいほうが優良ドライバーで保険料も安くなるのですが一度の事故で等級は3等級下げられます。元に戻るまではかなりの時間がかかりますので事故というのは保険料を上げてしまう最大の要因になってしまいます。

もちろん自動車保険会社によって違いがありますがこの等級制度は各社連動していることが多いので乗り換え時にも適用されます。どの保険に加入しようが、どの保険に乗り換えようが無事故というのは保険料を安くすることができるオールマイティの節約法です。最大で−60%から+50%とその保険料は実に大きくなります。今一度、安全運転に心がけましょう。

自動車保険選びはあなたの意思で確認

あなたは自動車保険を他人任せで選んでいませんか?

「友人がそこの保険に加入しているから」
「新車購入時にディーラーに勧められたから」
「知り合いの保険屋に勧められたから」
「家族で加入してるから」

はっきり言って正しい自動車保険選びをしているとは言い難いです。自動車保険に限らず勧められる商品と言うのは少なからず勧める人にもメリットがあることが多々あります。保険の代理店業も兼ねている場合は間違いなく善意ではなく、ビジネスとして勧めていることは間違いありません。すでに自動車保険に加入してしまったと言う人も別に遅くはありません。今の自動車保険が正しい選択かどうかを確認するだけでも違ってくると思います。

あなたは他を知らないから今の自動車保険で満足しているだけなのかも知れません。仮に毎月無駄に2000円多く払っていると知った場合、すぐにでも自動車保険を変更するのではないでしょうか?年間2万以上も無駄な事をしていると確認してしまったのですから・・・。あなた自身が他社の保険、今の保険内容を比較、再確認は必ずやっておいたほうが良いと思います。確認するための便利な自動車保険一括資料請求もあるのですぐにでも利用して確認してみてください。もちろん利用は無料です。


最大20社から一括見積りが簡単に出来る「インズウェブ」の自動車保険比較