自動車保険を見直す価値

自動車保険を見直す価値

自動車保険を見直す価値はどれぐらいあるとおもいますか?自動車保険は1度きりの支払いで完済するものではなく、車を所有している限り毎月支払い続けるものです。もし、仮に500円安くなったとしたら人生40年間車を所有し続ければ24万円も違ってきます。たった500円が長い目で見れば大きな成果を生み出すのです。

この例をとってもたった1回、おそらくそんなに時間はかかるものではない見直しをするだけで24万円の節約ができます。あなたが24万円を稼ぐための時間はどれぐらいでしょうか?私も含め大抵の人は自動車保険を見直すほうが早く24万円を節約できるのではないでしょうか?

月々500円程度下がったとしても、生活がそんなに変わらないと思う人も少なくないと思いますが通常サラリーマンが人生で稼ぐ、使う金額は2億円と言われています。一時期3億円と言われていましたがサラリーマンの平均月収を計算すれば今の時代、2億円に近い人のほうが多いと思います。

この限られたお金の中で使用する一部である自動車保険を節約することができるかもしれないと考えれば決して見直すことは無駄ではありません。そして長い目でみれば必ず効果が出てくるものです。500円の節約がどんなに大きいのかを再度考えてみる必要があります。自動車保険を見直せば月々500円に限らず、1000円、2000円節約できるかも知れません。そうなれば24万円ではおさまりません。あなたの大きな無駄を削減できる方法の一つ自動車保険を見直すことだと思います。



自動車一台所有するということは莫大な費用

自動車保険の前に、車一台を所有することによりどれだけ莫大な財産を捻出しているかを考えてみたいと思います。地域によりますが一人一台の時代なのですがよく考えれば自動車の維持費を考えればもしかすると家よりも高額になっているかも知れません。

車には当然、新車にしろ中古にしろ最初にその自動車自体の代金がかかります。しかし恐ろしいほどの出費はその後にあります。車を動かすのには当然燃料が必要ですのでガソリン代は付いて回ります。最近のガソリンの価格上昇により、手痛い出費となります。そして重量税です。管理人の場合は毎年5万円以上支払っています。そして車検、忘れがちなのが免許取得にかかる値段です。

そしてこのサイトのメインでもある自賠責、任意保険です。当然、故障などしたら余分に出費がかかりますし駐車場を借りているのならさらにプラスです。そしてエンジンオイルなどの消耗部品も全ての車にかかります。自動車一台の維持費というのはとんでもなく支出があることが簡単に想像できます。

よく考えてみるとこれほど贅沢な物はなかなかありません。てっとり早く安くしたいのなら電車、バスなどを利用すれば良いのですがなかなか現実を考えると実行することは難しいのが現状です。そこで自動車の維持費にかかる一部ですが自動車保険はこのサイトを活用していただき、少しでも安くしていただければと思います。

自動車保険関係者に聞く!

先日、損害保険会社の関係者とお話する機会があり、自動車保険に関する意見を交換しました。流石は年から年中、自動車保険の事を考えているだけあって管理人も勉強になるお話をたくさん聞くことができました。やはりその関係者以外の人は加入時や万が一の事故の時にしか頭に自動車保険の事はよぎることは少ないと思います。もし、それ以外でこのサイトをご覧になっているのでしたら、逆に珍しいのかも知れません。

たくさん伺った中で一番印象に残っているお話と言えば自分の加入している保険をお話くださった時です。意外に思うかも知れませんが、さぞ豊富な知識を生かして安い保険に加入しているだろうと思っているのなら大間違いです。

管理人よりも手厚い補償をつけていました。その理由を聞くと納得することができました。素人は安さばかりに目が行きがちですが、本来の目的は名前の通り保険です。特に自動車保険の関係者なら、止めどなく事故報告が上がってきます。そしてその中には金銭的な悲惨な事故や故障も数多く存在します。

そんな情報が毎日入ってくれば、恐ろしくなり保険を手厚くしてしまう傾向になるのも納得です。もちろん手厚い保証を残した上で特約などを利用し最大限、保険料が安くなるようには当然した上でのお話ですが、結構な保険料を支払ってまで万が一に備える保険関係者はやはり私たちとは少し違う感覚で保険を選んでいるように思いました。

安さだけを追求するのなら保険の意味がありません。保険を作った上で安さを求める必要があります。保険というものを再度考え、「今の保険料より安くならないか?」という視点だけでなく少しは「今の保険で本当に大丈夫なのか?」という疑問から今一度、自動車保険を見直してみてほしいと思います。

誕生日を迎えたらしっかり見直す

自動車保険は年齢が若いほど保険料は高額です。年齢が若いほど事故率が高いというしっかりとしたデータがあるから仕方ありません。しかし、この年齢での保険料の差は非常に大きく、無視することはできません。絶対に自分しか運転しない、若い人に運転させないという自信があるのなら運転者の年齢制限を設けた特約を付加するべきです。
(→年齢条件

そして契約中に誰でも年を取ります。誕生日に毎回見直す必要はありません。ある年齢に達した時に速やかに特約を更新するべきなのです。そのある年齢は21歳、26歳、30歳です。この年齢を境に割引が適用されるからです。18歳で免許を取り、年齢を問わない保険に加入して、現在21歳以上の人、26歳以上の人、30歳以上の人はしっかりとこの特約を利用しているでしょうか?

誰が乗るのか分らない人は必要ありませんが若い人が乗ることは絶対に無い場合はこの年齢に達した際は速やかに特約を利用すべきです。必要なものをしっかりと加入して必要のないものを排除していかなければ保険というのはキリがありません。年齢問わずが18万円の保険料が30歳以上に限定すれば6万円に抑えられるぐらい大きな支出です。21歳、26歳、30歳以上の人は今一度、自動車保険を見直してみてください。


最大20社から一括見積りが簡単に出来る「インズウェブ」の自動車保険比較