自動車保険を比較しよう!

一社でも多く自動車保険を比較しよう!

手厚い補償・サービスで安い自動車保険に加入する為には1社でも多く自動車保険を比較することが重要です。安いだけの自動車保険を探すのは簡単ですが、万が一の時に頼りにならない自動車保険に加入したのでは意味がありません。

まったく同じ補償、同じサービスでも片方はインターネット割引制度があるけど、片方はそれがない。インターネットで申し込む場合、どちらに加入したほうがよいかは言うまでもありません。こっちの保険はロードサービスが充実しているのに、この保険はロードサービスが少ないなど価格面だけでなく、トータルサービスに欠点があるケースもあります。保険という性質上、サービス面を度外視した比較の仕方はいけません

保険と言うものは安心感を購入するようなものです。万全な保険で安い保険を探す単純なことをすれば良いだけの話なのです。少しでも良い保険を選ぶためにはできるだけ多くの自動車保険を比較して検討するほうが良いに決まっています。あなたが今加入している自動車保険とこの自動車保険どっちが良いですかと提示して答えられる人がどれだけいるでしょうか。保険会社によってサービスはもちろん、保険料だってかなり格差があります

ですからより多くの保険会社の自動車保険を確認、比較することによってかなり違った結果になる可能性は高いのです。是非とも一つでも多くの自動車保険を比較してみてください。比較するための資料、見積もりは下記無料サイトで一括で出来ますのでご利用してみてください。

自動車保険は何を比較する?

自動車保険はいったい何を比較すればよいのか?まずは自動車保険を単純に保険料で比較してみてください。そしてその保険料を様々な特約や割引制度を当てはめて値引きした価格を算出します。保険会社によってインターネット割引やステーションワゴン割引、保険証券不発送割引きなどがある場合もあるので各社が実施している割引制度を一つづつ比べていくしかありません。残念ながら各社かなり違いますので一括比較をしても正確な保険料を算出することは難しいのです。

次に行うのは自動車保険に付帯するロードサービスなどのサービス面です。中には実際に万が一の時に実費を被るか、保険が適用されるかでかなり実際に支払う金額が違ってきますのでサービスといえど保証の一部だと考え慎重に比較するべきだと管理人は考えています。万が一の時に事故そのものは補償されたけど、帰れなくなりホテルに泊まる、代車がないのでレンタカーを借りるなど実際に財布からお金がなくなるものでもあります。それをサービスで補償されるかされないかはかなり違ってきます。

あとは事故対応と言いたい所ですが、実際に事故に遭わなければ本当の事故対応は知ることができません。おなじ保険会社でも対応する人によってかなり差があると思いますので口コミなどで評判が良いからと言ってあなたに対応する人が必ずしも良いとは限りません。あまりに評判が悪くなければ比べること自体無意味のような気がします。

以上を比較して最良の自動車保険を選べば割安で手厚い補償の自動車保険を選べると思います。当サイトに掲載している自動車保険だけでも20社以上あります。そしてその各保険会社の自動車保険の保険料、サービスはかなり差があります。今現在加入している保険が最良の保険である確率は単純に1/20です。本当に今の自動車保険で良いのか実際に下記の自動車保険の一括資料請求でパンフレットなどを取り寄せ見積もりを出してみてください。確認するだけでも十分に価値があると思います。

あなたは自動車保険を比較しましたか?

あなたは、いままでに一度でも自動車保険を比較しましたか?それ以前に他社1社でも保険と見比べたことがありますか?自動車保険に加入すればそれで良いと思っているのなら各社の保険サービス内容はかなり違うと言うことを知ってもらいたいと思います。

確かに大まかな自動車保険と言えば保険料こそ多少違えど大まかな違いは無いように見受けられます。しかし、細かく見るとサービスはもちろん、特約や割引などかなり違うということに気がつくはずです。もっとも商品内容に大差無いとしたら保険料が安い所を単純に選ぶべきですが・・・。

少し自動車保険のパンフレットを見比べればすぐにそのサービス内容の違いが分かります。このサービスが付いているのに同じ保険料?と思う機会も多かったのを記憶しています。保険と言うものは手厚い保証はもちろん、さまざまなサービスも必要になってくることが多いです。レンタカー無料サービスが付帯していなければ、代車がない場合、毎日レンタカーを借りなくてはなりません。管理人はこのサービスを利用したことがあります。実質、保障金額です。

保険料を見直すことはもちろんそれに付帯するサービスもしっかり見極めて自動車保険を比較して選択するべきだと思います。一度も自動車保険を比較したことがない、他社と見比べたことがないと言う人は確認、比較するのはタダなので是非、行ってみてください。その際に便利な一括資料請求できるサイトを下記で紹介していますので活用してみてください。

何のための自動車保険比較?

そもそも、何のために自動車保険を比較するのかを考えてみましょう。まず、最初に思いつくのは自動車保険料についてだと思います。事故などの万が一がなければただ、毎月自動的にお金を支払っているだけのモノです。ですから毎月の保険料を少しでも安くしようと考えることは重要な事だと思います。ただし、なぜ安いのか?も併せて考える必要があります。そして、一番自動車保険について注目される時は、やはり万が一の時です。ですから保険料だけを考えず、万が一のときに役立つ自動車保険を選ばなくてはならないという大前提があります。

つまり補償はもちろん、サービスの面も考慮しなければなりません。実際になった時を想像するのは難しい話ですが、万が一になってからでは遅いのです。あなたに問いかけます!本当に今の保険で良いですか?自信をもって大丈夫だと答えることができるでしょうか?毎月支払い続けている自動車保険を自信をもって良い商品を選んでいると答えられないとしたら他の買い物に比べて安易になっていると思いませんか?

あなたが加入してる保険で値引きサービスが適用されるのにされていない状態で保険料を支払っていませんか?またはそんなサービスがない自動車保険会社を選んでいませんか?まずは、自動車保険を比較して、本当に良い自動車保険に加入しているという自信をつけてみては如何でしょうか?少なくとも毎月、自動的に支払っている自動車保険の事です。考えてみる価値は十分にあると思います。仮に毎月無駄に千円多く支払っていたとすれば年間12000円!10年も経てば12万円です。たった千円でこれだけの差です。見直す価値は十分にあると思います。まずは資料請求して比較してみましょう

車両保険を比較しよう

保険料を最大に安くする方法、それは車両保険に加入しない事です。車両保険とは簡単に言うと自損事故などで自分の車が破損、全損した際の修理費等を負担してもらうかどうかです。ただし、どんなにプロドライバーでも一瞬のミスで車を擦ったり、ぶつけたりしてしまいます。各社の車両保険はもちろん、あなた自身で加入したほうが良いのか、加入しない方がよいのかを比較する必要があるのです。

例えば30万円で購入した中古車をぶつけてしまった際、修理費用が20万円だったとしたら、おそらく次の車に乗り換えることを選択すると思います。この場合、全損扱いになる事が多いと思いますがその金額は15万円とかしか支給されません。おそらく2年間無事故だった場合、とっくに車両保険でそれぐらいの金額を支払っているケースも少なくないでしょう。車両保険に加入しない方が良いケースも多いのです。

しかし、新車購入の場合はそうはいきません。300万円の車だったとしたら、全損の場合は150万、200万円支払われます。そうなれば2年無事故でもそこまで車両保険料をしはらっていないので加入しておいたほうが安心です。もちろん20万円の修理費がかかると言われて、次の新車を検討する人よりも、修理する人の方が多いと思います。

あくまで管理人の損得勘定ですが、車両に対するリスクに対応できるのなら加入する必要はないと思いますし、リスクに対応できない、または対応したくないというのなら加入するべきだと思います。車両保険に加入した場合と加入しない場合の比較もしっかりと考え、後悔しない選択をするようにしなければなりません。万が一の時に加入しておけばよかったとならない為にもしっかりと検討するべきだと思います。

自動車保険比較で用意したい物

自動車保険を比較する際、用意しておきたいものが少しあります。全て頭の中に入っているなら特に用意する必要は無いと思いますが、普段必要ない情報だけにそれらを常に知っている人は少ないと思います。

用意しておきたいものは免許書車検証今入っている自動車保険の書類です。これらを用意しておけば比較サイトに記載するほぼ全てが記入されているのでそれをそのまま記載すれば簡単に見積もりをすることができます。後は車の走行距離ナンバープレートを知っていれば問題ないです。

めぼしい自動車保険をピックアップしよう!

自動車保険を比較するにも、一度にすべての自動車保険会社の保険内容を把握し、全ての項目を一度に比較することは非常に困難です。ですからめぼしい自動車保険をとりあえずピックアップさせる事が賢い自動車保険選びではお勧めしたいと思います。ですから、まずは簡単な項目のみで自動車保険を比較してみるなど一括で比較することを考えずに、ひとつの自動車保険をまず選びそれを基準に一つづつ比較していく方法がベストだと個人的には思います。

今現在、加入している自動車保険よりも劣っているなと思えば、その保険会社を次の段階で自動車保険の比較に入れなくても良いからです。すでに何処かしらの自動車保険に加入しているのなら、それが基準となり、それよりも魅力があると思った自動車保険だけをピックアップしてさらに細かく比較してけば良いと思います。

一括資料請求をしても一括比較する必要はありません。まずは基準となる自動車保険を選び、それよりも勝っているか、劣っているかの判断で比較する自動車保険数を減らしていきましょう。保険会社により、メリット・デメリットは当然あります。大きく自動車保険と捉えれても商品は実に多種多様でサービスだって各社かなり違います。これを一度に同じ条件で比較することの方が難しいのです。

物ごと、順序良くやる方が効率的だったりもします。自動車保険の比較は難しいと考えている人もA商品とB商品どちらが良いかを判断するのは簡単です。それを次々こなしていけば結果的に自分が求めている自動車保険が残るはずです。賢い自動車保険の比較で効率よく最良の自動車保険を選びましょう。



最大20社から一括見積りが簡単に出来る「インズウェブ」の自動車保険比較