自動車保険の不安とトラブル

自動車保険のトラブルと解決法

ここでは、実際にあった自動車保険のトラブル、口コミを解決するための方法を掲載しています。自動車保険のトラブルは事故が起きてから起こるものです。保険会社とトラブルがあったとしても、その事故はそこの保険会社でしか対応できません。つまり、事故を起こす前に保険会社をしっかりと比較しておかなければならないと言う事なのです。

放置?近況わからなくて不安!

【トラブル・問題点】
相手を死亡させてしまった、怪我をさせてしまった、相手の車を破損させてしまった場合、単独事故とは違い遺族の感情、怪我の治り具合なども気になるものです。そんな不安を日々抱えつつ、1ヶ月以上保険会社から連絡がなければ、相当不安になるものです

保険の進行状況が分からないのですからきちんと、解決へ進んでいるのかも分からないのです。保険会社が機能していないのではと疑いすら出てきます。

【解決策】
事故の近況状況を逐次分かるようにしている保険会社を選ぶべきです。不安を解消させるのも保険会社の立派な仕事です。事故を起こす前に担当者から直接連絡はもちろん、ネットでも近況を知りたいときに知ることができる保険会社を比較して選べばそんな問題は発生しません。

担当者の態度が横柄!

【トラブル・問題点】
この狭い日本だけでも保険担当者だけでも相当な人数います。そのすべての人が感じの良い人だけのはずがありません。仕事のやる気もなくし、お客を客と見ていないと判断される担当者もたくさんいるなかで一部だったとしても相当数いると思います。

最悪な事にそんな担当者に万が一の事故の際、当てつけられたら最悪です。事故を起こしただでさえ気分が悪いのに、さらに気分を害する担当者が出てこられた日には気分だけでなく、実際の事故解決に時間を要することになる可能性があるのです。

事故を起こしたあんたが悪い」とでも言わんばかりの態度をとる担当者になった人も少なくないのです。担当者が頑張らなければ誰ががんばるのでしょう?頼れる唯一の存在が横柄な態度では「この人は本当に保険金のために頑張ってくれるのだろうか?」という疑問が生まれてきます。自動車保険の担当者なのですから気分だけでなく実損になる可能性だって十分あるのです。

【解決策】
担当者の質を見極めるのは難しいですが、事故担当者が一人ならクレームが言いやすいです。しかし、チーム制となると誰にクレームを言えば良いのか分かりづらいデメリットがあります。担当者を変えてくれと言えば対応してくれると思いますが、そんな担当者がいる自動車保険を選んだ時点で負けです。信頼・安心のおける担当者というのは自動車保険に関して最も重要なことかもしれません。事前に口コミなどで確認して最悪の事態を防ぎましょう

裁判の事例を持ち出し、折れるように要求!

【トラブル・問題点】
一般的に保険の顧客は自動車保険に関して無知に近い人が多数を占めます。言ってみれば保険会社の言いなりです。ですから常識的に納得できない内容でも裁判の事例で勝てない、結果はこうなっていると言われれば、返す言葉も見つかりません。

そこを利用してくる担当者にあたったら最悪です。保険会社は利益目的の企業だということを再認識してください。保険料さえ支払ってもらって保険金は支払いたくないのです。なかには納得いかないと言ったら「裁判でもしてください!」と言われた人もいるそうです。

この発言は保険料を支払うお客に対する言葉では絶対にありません。支払いが無理なものは無理なのは確かです。しかし、お客さんが望むことを誠心誠意実現に向け努力するのが正しい保険担当者なのです

【解決策】
担当者によっては専門的な話に持っていき、要求を断念させれば、保険金の支払いがなくなる、少なくなるので利益を増やすことになりそれに力を入れる顧客無視の考え方の人がいても不思議ではありません。そうならない為にも加入前に一度担当者と話せる保険会社は見てからの加入なので安心かも知れません。しかし、態度急変は良くある事です。保険会社の企業体質を見抜くほど自動車保険を研究しなければ本当に役立つ自動車保険を探すのは難しい事なのかも知れません。

事故対応のトラブル

【トラブル・問題点】
どの自動車保険会社のホームページ上にも事故対応は24時間365日と記載しています。事故処理でないことは知っていても、受けつけすら疑問の保険会社もあります。それは自動応答テープが流れているだけというモノです。

そこで保険業務に関する情報を流していますが、これは受付ではく、「本日の業務は終了しました」というのと同じ事です。通常なら簡単に事故報告をセンターが受けて、翌日には近隣の担当のセンターに事の経緯を落として、実際に対応するのが一般的です。

しかし、上記では結局翌日(営業時間を自動テープで聞いて)に事故連絡をする流れになり、まったくもって24時間でないという点が問題です。

事故受付のみといえど、保険が適用されるか、今現在加入している保険に照らし合わせてくれる事ぐらいしてくれます。また、今現在の車の状況を伝えればそれなりに対応してくれるのでかなり役に立ちますが、自動テープの音声を流しているだけではこれらのサービスを受けることができません。

【解決策】
これは、契約する前に絶対に比較して確かめておく必要があります。実際に事故直後、どれだけ対応してくれるかはかなり重要です。そもそも予定外の突然の事故で立ち往生してしまう可能性が高いだけに、どうすればよいのか保険会社に判断を仰ぐ必要が多々あります。必ず加入前に確認しておきましょう。

24時間365日のからくり

自動車事故を起こした時に平静ではいられないと思います。実際に起こした人に聞いてみても何をしていいのかすぐに判断できなかったと聞きます。保険会社を選ぶ際にほとんどの自動車保険会社のサイト、パンフレットには24時間365日という言葉を目にすることがほとんどですが、実際に交通事故を起こした際にどういう対応をしてくれるのかまでは実際のところ分かりません。

24時間365日対応と掲載されていると事故を起こしたことの無い人ならすぐに現場に急行してすべての処理を代行してくれるというイメージを持っている人も少なくないと思います。ある保険会社の方に伺ったところ、大抵、担当者は現場に急行しないと聞きます。実際には電話の向こう側からアドバイスをもらい自分で対応することが多いのです。下手をすれば事故受付のみで、何もアドバイスを貰えない24時間365日受付と掲載されている好ましくない自動車保険もあるのです。

素人が勝手な事をすると痛い目にあうのが事故処理です。事故対応のアドバイスすらもらえない保険会社はかなり危険な自動車保険と言えるかもしれません。事故直後の対応はそれほど重要なモノなのです。丁寧に保険金の説明や、レッカー・タクシー・ホテルなどの手配などをしっかりやってくれる保険会社を是非とも選びたい所です。24時間365日というキーワードだけでは安心できる自動車保険という意味ではないと言うことを覚えておきましょう。

安い保険はここに注意

最近は保険料だけ見れば安いと思う保険がたくさんあります。しかし、その安い保険は必ず理由があります。新しい外資系保険など全国に充実したネットワークができていない可能性もあります。ネットで申し込むなど、保険会社との直接のやりとりでは、いざ事故を起こした際に、迅速に事故処理に駆けつけてくれるのかが重要になってきます。

事故後の処理は素人には到底できない問題が山積みです。面倒なだけでなく事故後の処理はかなりのストレスです。それを保険会社にすべてお任せするのですから事故後の対応がいかに重要かが想像できると思います。事故を実際に起こさない限り、本当に満足できる対応をしてくれるかは正直分からない部分もありますが、口コミなども参考にして間違いない安心できる保険会社を選ぶ必要があります

安さの裏は高いカラクリ

この日本国内だけでも外資系を含めると自動車保険会社(損害保険)はかなりの数があります。最近は代理店を挟まないために保険料が安く抑えられるということで人気が集まっています。しかし、個人的には思ったほど安くないと感じる部分もあります。それは確かに代理店を挟まなければマージンが発生しませんので単純に保険料を下げることができるでしょう。

しかし、代理店がない企業ほどテレビCMや雑誌、ネット広告など様々場所で目にする機会が多い事に気が付きませんか?代理店を挟まない分、宣伝しなければ誰も知らない保険になってしまうのです。つまりその宣伝費が保険料に上乗せされているのです。「代理店を挟まないから安い」という企業はたくさんありますが、「広告費がかかっているので少し高めになってしまいます」と馬鹿正直に言う保険会社は知りません。保険料が安い理由を聞いただけで「なるほど」と思わずに自分の車、運転歴などを当てはめて補償内容、保険料をしっかりと確認する必要があります

困っているは関係ない

保険会社からすればあなたは「お客さま」であることに違いはありません。しかし、お客様が困っているから助けるのが保険会社ではないと言うことを肝に銘じておくべきです。あくまで、困っている自分を助けるのは困っていないときの保険に加入するときの自分だと言うことを忘れないでほしいと思います。

交通事故を起こして、こまった状況に落ちいても保険に加入しているから大丈夫だと言うことは決してないのです。あなたが困っていようが関係ないのです。本当にその事故の状況が保険が支払われる条件に当てはまっているかが助けてくれるか助けてくれないかの結一の判断材料なのです。

例えばあて逃げの場合は?たとえば自損の場合は?貴方が加入している保険プランを確認して支払うのか支払わないのかを決めるのです。その重要な判断基準を決めるのは契約したときのあなたなのです。


最大20社から一括見積りが簡単に出来る「インズウェブ」の自動車保険比較